>>詳細はこちらをクリック

犬の芸を教えることは、犬(ワン)ちゃんにとってもすごく良いことです。

ワンちゃん毛並み

もしも、あなたが「愛犬に芸を覚えさせたい」「もっと犬(ワン)ちゃんと楽しく遊びたい」と思っているのであれば、この手紙を読んでみて下さい。TVや雑誌で話題のカリスマドッグトレーナーが、たった2つの「ある事」だけで愛犬を人気者にする方法をこっそりお伝えします。芸を教えることは、犬(ワン)ちゃんにとってもすごく良いことです。 芸を教えることを通じて、大好きなワンちゃんとの絆を深めませんか?その秘密を包み隠さず公開致します。


ココ詳細はこちらをクリック


遠藤トレーニングでは、しつけとともに大切に考えているのが 「犬の芸」です。

犬の芸

「芸」と聞くと、愛犬家の中でも、猿回しやサーカスのようなイメージを持たれ、「しつけは大事だけど芸をさせるのって人間の勝手な考えでは?」と言われる方もいらっしゃいます。しかし、私はそのようには考えません。むしろ、「犬(ワン)ちゃんと一緒に芸を遊びとして楽しむ」ことで、より深くコミュニケーションを取り合え、より深く分かり合え、犬(ワン)ちゃんと飼い主さんとが「より仲良くなれる」のだと考えています。 また、犬(ワン)ちゃんが飼い主であるあなたの言うことを聞かせるようにするということは、人間の身勝手な「主従関係欲を満たす」などというものでは一切ありません。では、「飼い主の言うことを聞かせる」という状態がなぜ必要なのでしょう?

それは…

道路にはダンプカーなどの大きな車も走っていますし、お飼いになっている地域によっては危険な箇所もあることでしょう。そんな時、言うことを聞く犬(ワン)ちゃんであれば、いくら犬(ワン)ちゃんが興奮状態にあったとしても、あなたの言うことを聞いて名前を読んだらすぐ帰ってきたり、待てと命ずればちゃんと待っていたりしてくれることでしょう。そもそも、言うことを聞かせるのがイヤなのであれば、犬を飼うことなどお止めになったほうがよいでしょう。ここを踏まえ、ご理解いただいている飼い主さんであれば犬(ワン)ちゃんと一緒に楽しく暮らす一段上の段階に入っていけることと思います。あなたも犬(ワン)ちゃんに芸を教えて「一緒に遊びたい!」と思いませんか?

ココ詳細はこちらをクリック

覚えられる犬の芸は15種類!

犬の芸

「お座り」「チンチン」「おつかい」「伏せ」「キャッチ」「ドロップ」「股くぐり」「8の字くぐり」「おまわり」「ほふく前進」「ローリング」「抱っこ」「バーン」「吠えろ」「棒飛び&足飛び」デモ・レクチャー・ポイントとチャプターごとに優しく丁寧に解説しています。



ココ詳細はこちらをクリック





犬のしつけ‐遠藤和博の犬のしつけ講座 森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法 犬のしつけ 教室 The Dog 犬ちゃん家族 藤井聡の犬のしつけ方法DVD らんちゅう飼育法 秘訣 遠藤和博の犬のしつけ講座 藤井聡の犬のしつけ方法DVD

a:7200 t:1 y:4

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM